1954-1963

誕生から成長軌道へ

九州電力㈱苅田発電所1号機の建設工事から始まった当社の歴史。この建設工事が当社の礎となり、ここから熱い情熱と堅い意志を連綿と受け継ぐことになる。

1954

1954.5.1

「九州火力建設株式会社」設立

(写真)石橋正人氏(第2代社長)が新会社の構想を練り、九州電力㈱へ提出したもの。「事業は人なり」という強い信念が記されている。

1954.8.23

苅田事務所開設

当社初の事業拠点となる苅田事務所。

1956.3.31

九州電力㈱苅田発電所1号機建設工事完成

営業運転開始まで延べ388日の実績工期で完了。最新の火力発電技術を習得することで今日の基礎を築くことができ、日本の火力発電技術レベルを世界水準に向上させることに大きく貢献した。

1957.8.11

九州電力㈱大村発電所1号機建設工事完成

苅田発電所1号機の定期修繕工事と並行し、日本最初の国産新鋭機となる当発電所を完成させた。

1959.6.21

九州火力建設労働組合結成

創業後の数々の試練を克服しながら、全員が力を合わせて新鋭火力発電所の建設完工に傾注する中で、労使関係の近代化と共存共栄を図っていくことを目的に結成。

1959.11.29

九州電力㈱苅田発電所3号機建設工事完成

1960.9.10

九州電力㈱港発電所(新)1号機建設工事完成

1961.10.10

九州電力㈱新小倉発電所1号機建設工事完成

1962.11.30

九州電力㈱新小倉発電所2号機建設工事完成

1963.4.23

労働協約締結調印

労働組合発足から4年目、本部が設置されていた苅田事務所にて、宮西昇初代委員長(左)と石橋正人2代目社長(右)が握手を交わす。

1963.11.30

西日本共同火力㈱新苅田発電所建設工事完成

新苅田発電所概要(右)とその中の掲載ページ(左)。西日本共同火力㈱は、昭和47年に九州電力㈱に統合。

1963