Historyfrom 1954 to 2023

西日本プラント工業が歩んできた70年。
その足跡を追って。
これからの未来のために。

70年にわたる歴史の中で、さまざまな出来事がありました。

戦後の経済復興に際し、急増する電力需要に対応するため最新鋭の九州電力苅田発電所1号機の建設工事を施工するという使命のもとに生まれ、以来、電力の安定供給に貢献してきました。

そこには多くの挑戦、そしてたゆまぬ努力がありました。70周年の節目に、改めて西日本プラント工業の足跡を振り返ります。

誕生から成長軌道へ

1954 – 1963

九州電力苅田発電所1号機の建設工事から始まった当社の歴史。この建設工事が当社の礎となり、ここから熱い情熱と堅い意志を連綿と受け継ぐことになる。

自立と発展の時代

1964 – 1973

創立から15年。5項目にわたる社是が制定された。「全員一致、社是のもとに」をスローガンに、総力を結集し、成長を目指した。

危機をバネに大躍進

1974 – 1983

1982年、社憲が制定された。先人の志を基盤とし、将来の変化や価値観の多様化にも対応し得る不変の意志を明文化。未来への躍進を誓い合った。

経営革新に挑む

1984 – 1993

将来を見据えて新規事業に進出していくとともに、さらなる躍進を目指した指針を策定し、それに邁進した。

経営の再構築とビジョン確立

1994 – 2003

多様化する発電設備の建設等、時代背景の変化に伴い、強固な経営基盤の再構築に尽力。創立40周年をステップに、新たな経営ビジョンの確立へ。

強靭な企業体質への転換に向けて

2004 – 2013

東日本大震災を境に経営環境は激変。創立以来の危機を乗り越え、変化に耐えうる経営体質の改善にむけ、全社一丸で取り組んだ。

未来へ

2014 – 2023

未来を開拓する時代が到来した。温故知新の名のもとに、その鋼の魂は継承されていく。